10≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12
| Home |

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
君と僕らのサプライズ その2-まったりだらりん進行
ふわっとしたTさんの企画。
好奇心を刺激される企画ではあるものの、
あまりにも現実離れな条件ばかりで。

これでは目的を果たすのはよくて半年。
完成したところで、
目的であるYさんの気持ちが離れてたら意味がない。


例えるなら、
お見舞いに病室行ったらすでに退院してたレベル。


サプライズ以前の問題です。


幸い、
マイクラ世界においては、お互いのスキルはほぼ同等。

そして、
材料がそこそこあって、
それなりに自慢できる景観があって、
企画の条件にそれなりに見合う世界が、

2月28日にPS4を購入した時からチマチマ進めていた私のマイクラ世界だったというね。


blog20150920o.jpg


「そうそう、私の世界は『スカイリム』エディションになってるんで、
 通常とは見た目とか色々違いますんで注意して下さい」

Tさん
「このピンクのは…
 カボチャランタンですか?」



「カボチャのシマがないから好きです。
 あ、そのモヤモヤしてる奴はグローストーンです」

blog20150921l.jpg


Tさん
「あー、このメテオみたいなのw」



「メテオて。
 せめてSFに出てくる機械とかそんなんで…」


Tさん
「なるほど、メテオですね!」



「せやな!」


2人
『あっひゃっひゃっひゃっひゃwww』

(*深夜のテンション午前1時すぎ)


blog20150921a.jpg


「とりあえず、拠点のそばのキノコ島が自慢スポットなんですよ。
 あの穴からキノコみえてますけど、あっこから太陽が沈んだり月が沈んだりでめっちゃエエ感じなんですよ!」

Tさん
「じゃあ、ミサさんの道にそって2列目作りますね!」


blog20150919g.jpg



「おい、言い出しっぺw
 なにその楽な作業は!」

Tさん
「いえいえ、ミサさんの世界ですからね。
 俺は添え物みたいなね? 感じでね?」



「おい、言い出しっぺw
 まぁ、道作ってから考えましょうか」


ぺしぺしぺしぺしクシャシャシャぺしぺしぺしぺぺぺクシャシャクシャぺしぺし…
  …ぺしぺしぺしぺしクシャシャシャぺしぺしぺしぺぺぺクシャシャクシャぺしぺし…



Tさん
「関係ない話して良いですか?」



「…いいですよ?」

Tさん
「今日、わさびパスタを作ったんですよ」


「へぇ♪
 美味しかったですか?」

Tさん
「普通でした。
 んー…なんていうか、普通」



「わさび効いてなかったんですか?
 薄まったとかそんな感じで?」

Tさん
「いえ、わさびはツゥーン!!ってキたんですけどね。
 なんか…うん、普通でした」


「え?
 わさびがなんだって?」


Tさん
「わさびはツゥーン!!ってキたんですけどね」



「え?
 なんだって?」


Tさん
ツゥーン!!ってね!」


「すみません、さっきからノイズが酷くて。
 耳がツゥーン!!って肝心な所が聞こえないです」


Tさん
ツゥーン!!ってなってますか!」



ツゥーン!!っなってますよ!」


2人
『あっひゃっひゃっひゃっひゃwww』

(*深夜のテンション午前2時すぎ)


blog20150920i.jpg



「あー…ハラ痛ぇ…
 深夜に笑かさんで下さいw

 あ、あのですね、
 私の真後ろの部屋ってか、ふすま隔てて父が寝とんですがね、
 なんか生活音っていうかガサガとか音聞こえます?」

Tさん
「いえ、聞こえてないですよ。
 聞こえても俺は気にしませんし」



「いや、なんていうか、
 ふすま閉じてヘッドセットつけててもですね、
 私の耳には親父の屁の音が聞こえた時は慌ててオフにしてんですけど、
 間に合わなかった時に勘違いされたら嫌だから」

Tさん
「あはははははwww
 大丈夫ですよ、ミサさんの声しか聞こえてないですよ」


「コレでガチ喧嘩しましたからね。
 わりとね、咳払いとかわざと声かけてきたりで邪魔してくるんで。
 ヘッドセット付けてる時は近寄んな言うてんのに。

 そんで付けてない時に限って静かっていうね」

Tさん
「じゃあ、ミサさんの声以外が聞こえたら『おとーさん!』って言いますよ」



「おお、それは分かりやすい♪
 ありがとうござあいまふぅ


Tさん
「おとーさん!!」



「私のあくびだよ!!」


2人
『あっひゃっひゃっひゃっひゃwww』

(*深夜のテンション午前3時すぎ)

blog20150922j.jpg



Tさん
「今日はこれでお開きにしましょうか?」



「そうですね、道も直通と外周も終わりましたしね。
 ところで、実際はどのタイミングでYさんにお知らせするんですか?」

Tさん
「えーっとですね、女性としてですね、
 ミサさんは誕生日にサプライズって嬉しいですか?」



「…あーっとですね、私の場合はですね、
 ハロウィンが誕生日なんですけどね、

 みんなグッズは好きなくせに肝心の日にちを覚えてないのが悲しくてね。
 最近やっと浸透してきた感が嬉しいんで、私の意見は参考になりませんよ。

 まぁ、一般的には嬉しいんじゃないですかね?
 一般的には」

Tさん
「一般的には、そうですよね」



「…いつなんですか? Yさんの誕生日」

Tさん
「えっ。
 ミサさん知らないんですか?」



「えっ。
 Tさんが知ってるんでしょ?」

Tさん
「仲良いから知ってるもんだと…」



「知らねぇよ!w
 あー… 前に4人で遊んだ時に、ほら、PSIDに本名とかどうとか話した時、
 私は誕生日はホンモノって言うた時に、1ヶ月後とか言うてはりましたね」

Tさん
「じゃあ、11月ですかね?」



「そうとは限らんでしょ。
 今8月だから9月の可能性もありますよ」

Tさん
「じゃあ、誕生日の件はミサさんが聞くってことで」



「おい、言い出しっぺw
 このタイミングで聞いたら不審がられるわ」


Tさん
「いやいやぁ?
 よく考えて下さいよ?
 俺が誕生日教えて♪って聞く方が怪しまれるでしょ?
 返事すら来ない可能性も高いんですよ?」



「あのさぁ…
 同性だから許されてるトコあるの分かってます?
 私がYさんだったら警戒するわ。

 で、
 11月だったらまだしも、9月だったらどうすんですか。
 しかも第1週とか」

Tさん
「がんばろうな!!」



「おう!!」


2人
『あっひゃっひゃっひゃっひゃwww』

(*深夜のテンション午前4時すぎ)


このあと、Tさんには『風ノ旅ビト』をシェアプレイし、
なぜ砂漠でポツンとしていたかの謎が解ける直前でシェアプレイが終了するという見事なプレゼンの結果、仲間がまた一人増えました。やっほい。


とりあえず、

締め切りの目安を手に入れないとまったりしすぎるので、
一眠りしてからYさんにはさりげない文面でメール送信。

Tさんの予想的中でまぁ、
完成まで余裕が出来たのは良いのですが、

私の予想通り、
Yさんには不審がられました。



うん。
知ってた。(吐血)

関連記事
スポンサーサイト
テーマ:ゲームプレイ日記・雑記 - ジャンル:ゲーム
ゲーム大好きTB(0) | CM(0) | top↑
<<君と僕らのサプライズ その3-まるっとヅレてグダる計画 | ホーム | 君と僕らのサプライズ その1-ふわっとした企画>>
comments
please comment














Only Admin
| Home |
中のヒト。

ミサ

Author:ミサ
flash boreal kiss

ゲームとサガリを愛してる、
気が向かないと更新しない、
『ツメコミ学園』の管理人。

20111005041724918.gif

link80b.gif


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
1538位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
RPG
162位
アクセスランキングを見る>>
だいたいこんな感じ。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
フリーエリア
【ニコニコミュニティ】ミサさんのコミュニティの生放送
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。